デジクロ日記

Ottey Ottoman

昨日・・・
「Ottey Ottoman(オッティ・オットマン) World Tour 2011 in JAPAN」
の大阪公演に行ってきた。

ロック界のレジェンド。
恥ずかしながら、彼のことを知ったのは最近の事。
「オッティのライブは凄い」その噂だけは見聞きしてきた。
彼が活動を停止したのは僕が産まれる前のことだったが、
あのオッティが40年ぶりに復活することになった。
ロック好きのスーパープロデューサー、音尾琢真によって!!!

プラチナチケットをゲットして行ってきた。

もっと年配のファン層かと思ったけど、会場には20~30代ぐらいの女性客がほとんど。
「まもなく開演します」のアナウンスと共に、待ち切れないオーディエンスからオッティコール。
そして堂々の登場。
御年69歳らしいけど、どっからどう見ても35歳に見えるほどに若い。

一度演奏が始まり、ふたたび伝説が動き出した時、
観客はすべてをオッティに身を任せ反応させてた。

・・・こんなもんでいいですか?(笑)




想像以上に熱いライブでした(笑)。
いや、想像も期待もしてなかったというか、しようが無かったんですけども。
音楽ライブなんだけど、音尾琢真らしさを見せられたというか、
「バカだなぁ、この人」とか「気持ちいいの音尾さんだけだ」と思いつつも、
気がついたらオッティの魅力に、ゾッコンラブになってました(笑)。

それにしても、オッティさん日本語べらべらでしたね。
途中で「チョットマッテクーダサーイ」と、
「HONOR」のガバオ君を思い出させる日本語も飛び出して、観客がザワついてました(笑)。

そんな中、一番盛り上がったのは、2回目のアンコールでした。
友達に連れられ来た可哀想な人(笑)は、オッティを知らないのはわかるにしても、
音尾琢真すらも知らないと「なんでこの曲でこんなに熱くなってんの?」と
完全に置いてけぼりを食らってた事でしょう。

生バンドでの「きみにキャッチュー」

凄い盛り上がり、一体感でした(笑)。
去年のジャンボリーを参加してない人にとっては、初めての生キャッチューですし、
そりゃあ盛り上がりますよね。

終演後。お約束とばかりに鳴り止まない拍手。
3回目のアンコール。

「早く帰れよ、お前ら!!」と音尾さん(笑)。
「もういいだろ。大泉洋ワンマンショーも行くんだろ、おまえら。安田顕一人語りも行くんだろ?」
と説得するも一向に帰らない観客。「なにか歌って」の声に
「いや。アカペラだぞ? ・・・じゃあ何歌ってほしいのよ」と音尾さん。

口々にリクエストを出す皆。そんな中・・・「きみからつづく」の声が。
そして、アカペラで音尾さんと一緒に皆で「きみからつづく」を大合唱。
去年のジャンボリーを思い出してグッと来た。
歌い終わったあと「・・・この歌があったかぁ・・・」と後悔する音尾さんでした(笑)。
リクエストした人、グッジョブです!!!

個人的には2D目の5D。実は朝に所要のために朝から京都に行ってて、
ハードなスケジュールでしたが参加して良かったです。

5D。戸次式と安田顕一人語りはチケットが取れなかったけど、
次の大泉先生の公演、楽しみにしています。
[PR]
by digix1977 | 2011-09-12 15:28 | 日記
<< 結婚式ニ次会 インタビューズ >>



成人漫画家 大嶋亮の日々の駄文(最近はTwitterばかり)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
お知らせ
[仕事情報]
単行本2冊目
「ラブバイト」
絶賛発売中
コアマガジン刊
1050円。
+++++++++++
大嶋亮初単行本
「悦びに咲く身區(からだ)」
コアマガジン刊
1050円(税込)
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
【蔦谷でレンタル】-TS..
from 蔦谷でレンタル
検索
その他のジャンル
最新の記事
引っ越します
at 2012-03-24 04:00
一段落
at 2012-03-02 02:48
コミメガとか
at 2012-02-16 10:51
色紙をいまさら
at 2012-01-13 08:01
コミケ以外のこと
at 2012-01-06 04:28
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧